TYC Tokushima Yacht Club

2016年8月1日月曜日

アクサス杯 第44回阿波踊りヨットレース泊地について

ケンチョピアは 2012 年より徳島県の条例変更で許可制となりました。
係留場所に関してお問い合わせを頂くのですが、下図のヨットクラブポンツーン以外の場所は空いていても契約者が存在します。
ヨットクラブ設置のポンツーン内の範囲内で譲り合っての係留をお願いいたします。
他の個人使用のポンツーンやスペースに入らないようにお願いします。
また、万代岸壁は本来貨物船の係留場所でしたが今は殆ど使われなくなっております。
アンカリングが必要ですが、ケンチョピア満杯の際にはこちらに係留して下さい。
こちらの万代岸壁にも個人所有のポンツーンが数機設置されていますが、遊覧船の発着に使っておりますので周辺への係留は避けて下さい。
係留に関しては毎年不便をおかけしますが、無理にケンチョピアに係留しますとアンカーロープをペラに巻くなどのトラブルもあります。特にお盆期間は大潮の時期に当たり流れも速く苦労する場合があります。



沖州マリンターミナル前の泊地はポンツーンが設置されているですが、官公庁の船が使用しております。特に保安庁の給油施設には係留をしないで下さい。
また、消防艇は夜 間パトロールに出動しますので横抱きや出動の妨げになるような係留はしないで下さい。
いずれの場所に於いても横抱きを希望された艇は快くもやいロープを取って係留のお手伝いをして頂ければと思います。
また、会場からは少し遠いのですが、小松島に係留される艇も何艇かあります。お祭りレースに来て頂く立場で泊地の十分な確保が難しいのが現状ですが、ご理解の程をよろしくお願いいたします。